眼精疲労

視野が狭まる恐ろしい緑内障|早めの対策で被害を抑えよう

失明原因第一位の眼の病気

自然

失明に至る眼の病気の特徴

視神経が何らかの原因で正常に働かず、目で見たものを脳で認識することが出来なくなる病気を緑内障と言います。また緑内障になると視野は狭まり、視力も低下しています。現在緑内障は日本においての失明の原因となる疾患の第一位です。緑内障には慢性のタイプと急性のタイプに分けられます。慢性の場合はかなり症状が進行しないと、視野の異常に気付けないのが特徴です。緑内障になると視野欠損の症状が、徐々に進行していくのが一般的です。しかし片方の視野に欠損が現れても、もう片方の目での視野がそれをカバーしてしまう為、視野欠損の症状は早期発見が難しいとされています。失われた視野は元に戻すことが出来ないので、慢性緑内障においては早期発見、早期治療が何よりも重要なのです。一方、急性の場合は眼圧が一気に上昇し、吐き気、頭痛、目の奥の激痛などの激しい目立つ症状が特徴です。

失明に至る病気の治障法

緑内障の治療は、視野欠損や視力低下などの症状の進行を可能な限り遅らせることを目標とします。一度失われた視力や視野は、元に戻す手段がないのが現状です。なので視神経に異常が出始めた早期の内の発見と、早期の治療が何よりも重要で、失明を避ける唯一の手段と言えます。緑内障の進行を遅らせる為には眼圧を下げる必要があります。治療はまず薬物療法から始めるのが一般的で、眼圧をコントロールする為に点眼薬を使用します。様々な種類の点眼薬から緑内障の進行の程度や、眼圧の状態によって選択され組み合わせることもあります。点眼薬で効果が現れない場合にレーザー治療が選択されます。レーザーの照射は痛みは殆どありません。そして薬物療法、レーザー治療でも効果が現れない場合に、繊維柱帯を切開する外科手術が行われます。

年を重ねると経験する病気

先生

日常起こる病気の中で老化現象によるものがあると言われますが、そのひとつに飛蚊症があります。 目の前に黒いフワフワとしたものが飛ぶ事から心配をしますが、眼科を受診しますと老化現象と言われることがほとんどです。

Read More...

視野の異常が出たら

女性

緑内障のほとんどは痛みを伴わないで進行していきます。目の痛みや視野が狭くなったなどの自覚症状が出てきたときには、ほとんどが進行しています。遺伝的な要因でも発症するといわれていますので、身内に発症者がいれば危険因子を持っていると考えてください。

Read More...

より充実する治療法

女性

レーシック手術は従来の近視だけでなく、遠視や乱視にも対応できるようになり、また、従来は手術を受けられなかった角膜の薄い人でも受けられる新たな手法も普及し始めています。そして、レーシック専門の病院が多数ある東京では経験者の数が多いこともあり、より一般的な目の治療法としてレーシック手術が浸透しています。

Read More...