Female

視野が狭まる恐ろしい緑内障|早めの対策で被害を抑えよう

より充実する治療法

女性

遠視や乱視の治療も可能に

レーシック手術は従来の近視治療だけでなく、遠視や乱視の治療にも対応できることが浸透するなど、治療対象がどんどん広がってきています。そして東京では以前から目の治療のために多くの人が受けてきたという実績があるためレーシック手術自体が一般的な治療方法として多くの人に認識されています。そのため、東京には多数のレーシックを専門に扱うクリニックも存在しています。しかしそれだけ多くの専門クリニックがあっても、予約が殺到しているクリニックが少なくはないため、治療がなかなか受けられない、予約が取れないといったケースが非常に多いです。これは都心部である東京特有の特徴と言えるでしょう。そのため、東京でレーシック手術をうける際には、早めに予約を取ることが重要になります。

角膜が薄くても施術可能に

今日のレーシック手術は前途のように遠視や乱視の治療にも活用できるようになっただけでなく、角膜にレーザーで傷を入れるのではない新たな手法も開発されてきています。従来のレーシック手術の手法では生まれつき角膜の薄い人や、既にレーシック手術を経験済でその際に角膜に傷を入れたために再度の手術に耐えられる角膜の厚みが残っていないという理由でレーシック手術を受けることができないという患者も存在しました。しかし、角膜を削らない手法であれば角膜が薄くても手術を受けることができるようになりますので、これまでは手術を受けられなかった人でも利用できる治療法となります。このようにしてレーシック手術は受けることができる人の数が増え、より一般的な治療法となっていくことが見込まれているのです。